×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



メギドの火(1)

ある日、北斗一生の身の回りに次々と奇妙な事件が起こり始めた。
北斗が気に入らないと思った人間達が次々と消えていったのだ。
そしていつのまにか北斗の顔に出来た北斗七星のアザ…。
時を同じくして出会った不気味な秘密を持つ光る少女・琴絵と、謎の男・キャンサー白鳥とは何者なのか? そしてカギを握る言葉「メギドの火」とは…? 宇宙人に地球の粛清を命じられた少年の物語!宇宙連合のコンタクト・マンとして琴絵とともに地球上から悪人を抹殺する指令を受けた北斗。
しかし宇宙連合に反対する立場をとる宇宙人、メギデロスはコンタクト・マンの抹殺をもくろんでいた。
そしてキャンサー白鳥もメギデロスの一員だった! そしてメギデロスの基地に監禁された北斗は洗脳バクテリヤを投与され、メギデロスとなってしまう…。
ついにメギデロスが地球を我が物にしようと行動を起こし、世界は全面戦争に突入した! 善良なる人々を救うため、集結したコンタクト・マンたち。
しかし、宇宙連合は少しでも自分勝手な行動をした者は助けてはいけないと指示を出す。
生きるか死ぬかの瀬戸際で善良な行動が出来る人間なんているのか? 宇宙連合のやり方に疑問を持つ北斗。
そしてついに明らかになる「メギド」の秘密。
衝撃の完結編!代々伝わる家宝の名刀・武蔵鍔虎徹入道を手にしたとき、男は人を斬りたいという衝動に駆れた。
そして、自らの父を…。
戦争の最中、刀に狂わされた男の物語(『狂葬剣記』)。
その他全5作品収録の政岡としやの短編集。
「忘れちゃったよ。
涙が落ちる前までは覚えてたけどね」――ウロちゃんの胸に吊るされたネックレスの小さな壺。
その中にはいったい何が…(『なみだ壺』)。
表題作『なみだ壺』を含む全3作品を収録。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60010832