×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大江戸闇飛脚(3)の解説です

大江戸闇飛脚(3)

高額の報酬と引きかえに、通常の飛脚や回送問屋の扱わない闇物質を闇から闇へと運ぶ闇飛脚・三次。
今回の依頼人は、貧乏御家人・友部伊織。
友部は、倅の父親が誰なのかを明らかにしてもらいたいという。
そこには「女色運び人」と呼ばれている闇飛脚が関わっていて…。
珍獣のバイヤー・猪又進吾は取引先のデパートで働く由貴に一目ぼれ。
そして翌日から進吾の熱烈猛アタックが始まった! 由貴には婚約者がいたが、そんなことはお構いなし、押して押して、押しまくる!進吾の思いは、一途でござんす!老人がひとり、バーでピアノを弾き始めた。
ロバート・コリンズ、ジャズの帝王と呼ばれた男。
彼には一つだけ願いがあった。
それは「息子」と呼んだ日本人サックスプレーヤーと、一度でいいから競演したい、というものだった……。
大人気作家が描く、叙情と人間味にあふれた傑作短編集!何の変哲もない銭湯・諏訪野湯。
そこで働いている気のいい男・甚八には、裏の顔があった。
法外な報酬と引きかえに、依頼を受けて悪い女を懲らしめる仕事人、人呼んで「世紀末のフィクサー・一発屋甚八」! 銭湯の番台にいる甚八に、綿棒を穴に通した五円玉が渡されるとき……闇夜に悪女の悲鳴が響き渡る!!高校教師・荻野は毎日学校にぬいぐるみを持ってくる生徒・美樹のことが気になっていた。
3年前に亡くなった彼女の父親が買ってくれたものだそうで、強くは注意できない。
しかし学校内にはぬいぐるみの中には赤ちゃんの死体が入っているというウワサも…。
真偽をたしかめるため、荻野は美樹に近づくが? 遊人の制服ニュー・ホラー!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60011358