×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ダメおやじ(15)

タコ坊がいなくなってしまった。
悲しんでいる間もなく、タコ坊に貸した1万円を返してくれと言う女の子がやって来た。
競馬ですった金を借りたようだ。
さらに、タコ坊とキスするかわりにテレビをもらう約束をしていた・・・、パンティーをタコ坊に取られた・・・、次から次へとやってくる!? 14話収録。
ダメおやじは会社が倒産して、この重大事をうちあけられずに隠していたが、オニババがダメおやじの様子がおかしいと気付きだした。
ダメおやじが出かけた後、探偵のように巧みに尾行するオニババ。
さてシッポはつかまえられるか? 14話収録。
公園で知り合った男が、人間を小さくする研究をして薬を開発したという。
ダメおやじはその薬をもらい、オニババに飲まそうとお茶に入れてすすめるが、怒ったオニババにお茶をぶっかけられ、ダメおやじが小さくなった! 15話収録。
ある会社からだいじな契約をとらなくてはいけない。
そのためには、そこの社長が小ばなし好きなので、おもしろいシャレ、話をいって喜ばせようと考えたダメおやじ。
タコ坊、イカ太郎もいっしょに考える。
おもしろい、くだらないシャレの連発! 15話収録。
イカ太郎が、空気銃でうたれ傷ついたスズメを救い、家で手あてしてやることにした。
イカ太郎は心配して見守っているのだが、見にきたオニババは「うまそうだ、やき鳥にしていっぱいやりたい」といったところ、怒ったイカ太郎と闘いに! イカ太郎は強い、オニババをやっつけスズメを守りつづける。
 15話収録。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60005512