×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

三国志(60)

孔明亡き後、蜀魏を取り巻く状況は混迷していた。
孔明という支柱を失った蜀では国力が低下し、内乱状態が続いていた。
一方、曹叡の没後、魏の権力争いに巻きこまれた仲達はクーデターを成し遂げ、司馬一族の力を拡大した。
そのような中、姜維はただ一人孔明の意志を果たそうと北伐の兵を起こす。
三国志の英雄達が繰り広げた壮大なドラマ、ついに完結!ホテルのロビーで、不審な男たちに拉致られた新米警官の鷹夜。
なんと男娼と間違われて、ただいま誘拐、監禁中の人質…超オレさま御曹司、要のえっちのお相手をさせられる羽目に…。
およそ色気などない鷹也なのに、御曹司サマはすっかりご執心……!? 巻き込まれキッドナップ・ラブコメ! イラスト/小路龍流<童話の王様>アンデルセンの作品は、子供の心に光と夢を与えてくれるばかりでなく、人生の悲喜をたっぷりと味わった大人をも十分に感動させるだけのものを秘めている。
本巻には、彼が生涯に書いた百六十篇ほどの童話の中から、初期の作品十三篇を収めた。
また、童話の愛読者のために九篇の詩をえらんで添えた。
海外旅行が高根の花だった昭和40年代のこと。
女ばかりの豪華ツアーが日本を飛び立った。
全25日間ヨーロッパ周遊! しかしアンカレッジ空港での無気味な買物、コペンハーゲンの奇妙な事件を経て緊張してゆくツアーの人間関係に、添乗員は息詰まる不安を抱く。
ロンドンでの衝突から、スコットランドで遂に殺人事件が発生する。
各地のさまざまな風物を背景に、本格的な犯人探しの謎を秘めながら、その解決をアルプスの麓にゆだねた推理長篇。
「平壌に特派員として常駐して、あの国の地獄の釜のふたをこっそりとあけて垣間見た、燃えさかる業火に焼かれるおびただしい衆生たち/二十世紀の奴隷船の悲劇といわれる在日朝鮮人の大量北送事件の真実究明などに没頭した一九九〇年代は、私の白秋の時代であった/そしていま。
まちがいなく玄冬である。
この国はどの方向に向かうのか(略)どうすればあの邪悪な政権を打倒できるのか」。
北朝鮮の実情を正確かつ真摯な視線でつらぬき、金正日のおそるべき奇策を知らしめる。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60008732