×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

彼女が消えた夜

彼女が消えた夜

州議員事務所の実習生が消息を絶った。
彼女は失踪前、議員との不倫を母に語っていた。
事件か、それとも自ら姿を隠したのか? ゴシップが囁かれ、周囲は追い詰められていく。
再選にすべてを賭ける議員、夫をかばいつつ心乱す議員の妻、娘の発見に腐心する母親入り交じる思惑を各々の視点から描き、同時に失踪当日の経過を追って衝撃の結末へ! ベテラン・コラムニストが独特の手法と圧倒的なリアリティをもって綴る、一級サスペンス・フィクション。
「皆さん、この城のあるじ、偉大な領主を想像してみてください……」スコットランドの古城を借り、観光客向けに架空の歴史物語を上演していたアントワネットたち6人の前に突然、馬に乗った男が現れた。
彼の名乗ったブルース・マクニールという名も、馬上のりりしい姿も、アントワネットが創りだした領主そのもの……。
幽霊を見たかのように唖然とする彼らに、ブルースはきっぱり言い渡した。
ぼくの城を貸しに出した覚えはない、今すぐ出ていけ、と。
ブライアナはフリーで活躍する女性フォトグラファー。
一流雑誌セレブリティに掲載された有名人のポートレートは、とりわけ評価が高い。
ある日、彼女のもとに、思いがけない企画が持ち込まれた。
風景写真の第一人者であるシェイド・コルビーと一緒に3ヶ月間、アメリカ各地を撮影してまわらないかというのだ。
よく考えた末、ブライアナはその興味深い企画を引き受けることにした。
たとえ、シェイドが気むずかしく、秘密と謎に満ちた男であるとしても。
グレースには記憶から消してしまいたい過去があった。
18の時、結婚式直後に花婿のニックが置手紙だけを残して姿を消したのだ。
彼女は残酷にも結婚式の翌日に捨てられたのだった。
あれから10年。
心の傷も癒えた今、グレースはニックの居場所をつきとめ、正式に離婚しようとする。
だが、彼に会いに行く途中、嵐で事故を起こしてしまう。
そして、病院で目覚めた彼女からは一切の記憶が失われていた! 彼女のベッドのかたわらには、夫と名乗る男性の姿があったが…!?情熱の国スペイン。
レイチェルは、6年前に家を出た弟を捜しにアメリカからやって来た。
弟を知るという土地の実力者セニョール・ビンセンテに会いにいくが、弟の名を口にした途端、彼は冷やかな態度でレイチェルを侮辱し、すぐにアメリカへ帰るよう命じた。
「傲慢な人!いったい弟が何をしたというの?」でも、カリスマ性あふれる目の前の男性には逆らえない。
立ち去ろうとしたレイチェルだったが、すっと意識が遠のき、気がつくと彼の腕の中にいた――!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60021635